『JSPふくしま』セミナー:現地指導講座

カテゴリ:
- 生産者と共に、消費者のために 伝統日本の食と職を広く世界に発信する - をテーマとした『JSPふくしま』セミナー[第5回・第6回講座]が、9月21日(水)に本宮市の(有)糀和田屋様で開催されました。
台風による大雨も心配されましたが、定刻にセミナーはスタートしました。
160921糀和田屋
▽ 「創業明和年間 今に継がれる 手造りの味」をモットーに、240年以上受け継がれてきた伝統の逸品。安心で安全 それが「糀和田屋」の麹商品です。(WEBサイトより)
160921和田屋看板
▽ 旧奥州街道沿いの商店街にある小売店舗を見学させていただきました。三瓶社長からは、糀和田屋さんの商品説明を伺いました。
160921和田屋店舗
商品説明を受けた後は、糀製品の工場視察です。糀和田屋の強みは『手作りの味にこだわった商品づくり』とおっしゃるように、和田屋さんの製品は、国内産丸大豆、福島産上質米を豊富に使用して昔ながらの木の樽で、一年間自然に発酵させたもので、保存料などの添加は一切ない「手作りの天然醸造味噌」です。(WEBサイトより)
160921和田屋糀
▽ 三瓶社長が、和田屋さんの1階~3階までの製造工場を詳しく案内していただき、工場視察後、会議室では現在の課題などの質疑応答も交わされました。
160921和田屋工場2
▽ 工場視察の後は、同じ本宮市にある「東北自動車道 安達太良サービスエリア:下り線」の売り場視察です。安達太良SAには、和田屋さんの人気商品『フルーツ甘酒』が並び、猛暑の夏場は飛ぶように売れたそうです。
160921フルーツ甘酒
▽ 受講生たちも人気のSAの売り場チェックです。
160921安達太良SA
▽ 安達太良SAの視察を終えて、和田屋さんの近くにあって、蔵を改装したカフェ『蔵』さんで「ランチ&講義」です。昼食の間も熱心な意見交換が続いていました。
160921和田屋資料
▽ 渡部講師からは、『商品開発の前にしなければならないこと』として講義がありました。
・会社を動かす理念、キーワード(コンセプト)が必要
・消費者が思わず気になる商品コンセプト
・迷わないために
そして、『JSPセミナー』の目標である新商品開発や現在ある商品のリデザインに関しても、具体的な指導がされました。現地指導相談者の和田屋さんはもちろん、受講者にとっても現場でのご指導だけに、リアリティがあり、大切な学びの時間になりました。次回は、いわき市のオリーブ農家さんを視察します。
160921渡部三瓶
▽ 渡部講師・廣田講師を囲んで、熱心な講義が行われました。
講師の先生方、ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
160921和田屋講義

アイガモオーナー倶楽部:秋の農業体験会

カテゴリ:
シルバーウィーク3連休の中日、9月18日(日)は『アイガモオーナー倶楽部 秋の農業体験会』のお手伝いで、会津若松市の夢ごこち会さんへ。あいにくの雨模様の中、集合場所へ。
農家さんの場所は、広々とした田畑に農道が走り、目印になる建物が少ないので、参加者さん等は場所探しに苦労されることも度々です。そこで、今回は事務局手作りの会場案内看板が立っていました。分かり易い!
160918体験会看板
あいにくの雨降りでしたが、田んぼでの除草などの仕事が終わったアイガモは、成鳥になると稲穂も食べてしまうそうなので、『別荘(鴨場)』で元気に育てられています。集団行動が基本のアイガモ達は、雨の中でも大きな声で鳴いています。
160918鴨場
秋の雨で風邪をひいては大変なので、事務局に戻って『アイガモについて』の学習です。
主催者からの質問です『写真のヒナは、生後何日でしょう?』 正解は、『生後2日です。』 生後2日のヒナは、ふわふわの羽毛に覆われ、可愛いです。2週間もすると田んぼに放たれます。そして、アイガモの役目である害虫・雑草駆除を行います。
7月中旬になると、アイガモの田んぼでのお仕事は終わります。垂れてきた稲穂を食べてしまうからです。このように、一般人では分からない、アイガモの生態をしっかり教わりました。
160918体験会②学習
夢ごこち会さんの解説を熱心に聴く参加者さん。正面の3人の若者は「明治大学 楽農4hクラブ」の学生さんです。会津大学の学生さん、福島市からの母子参加、地元会津からの参加者さんも。
160918体験会学習②
アイガモ見学~アイガモ学習の後は、前回に引き続き農家民宿『穂多瑠(ほたる)』さんの「会津郷土料理」のランチをいただきました。前回は、屋外の小屋中でのランチでしたが、雨なので事務所前の土間にテーブル・イスを置いて、和気あいあいといただきました。
暑かった前回の『夏の農業体験会』時には、この土間を吹き抜ける涼風も、体験会の大ご馳走でした。農家さんには、街場暮らしでは味わえない涼風や木陰、畳の大広間・続き間等のご馳走があります。
160918体験会②昼食
美味しいランチをいただいた後は、今回の体験会のメインイベント「鎌を使って手刈りでの稲刈り作業」です。この道〇十年のお母さんによる、説明~実技指導を受けて、午後の部のスタートです。
160918体験会稲刈り
「稲刈り」がスタートする頃には、なぜか朝から降っていた雨も上がり、曇り空の下での『稲刈り体験』です。
大学生さんも、母子さんも、農業好きの女性らも、片手で稲穂を握り、鎌で手刈りし、数本ずつまとめて束ね、稲穂を下にして円錐状に立てていきます。
160918体験会②稲刈り
稲刈り初体験の子供達も、教えてもらいながら、稲刈りを楽しみ、汗を流していました。中には、イナゴを捕まえる男児も。稲刈りが終わる頃には、また、小雨がぱらついて来ました。(稲刈り中は、雨に降られなかったのが幸いでした。)
160918体験会②子供
手刈り作業の稲刈りが終わり、精米所へ移動して、お米の保管や精米について解説を受けました。200年以上続くすとう農産さんには、大型で精密な精米施設が並び、こだわりを持って栽培~収穫された会津米が、品質管理の下で精米されて、お客様の元に届けられています。
160918精米機
あいにくの雨にも関わらず、参加者全員が体験会を笑顔で終えることが出来ました。最後は、アイガモ・ポーズ(アイガモの口をイメージしてのポーズです。)で、はい!ポーズ!!
160918体験会全員
最後に、主催者さんから「お米・玄米コーヒー・かぼちゃ・西洋わさび」のお土産をいただきました。
『冬の農業体験会』は、12月に計画されています。詳しくは決まり次第にご案内いたします。
FB>「夢ごこち会 アイガモオーナー倶楽部 秋の農業体験会」はこちら。
160918体験会土産



向山良作&榊原彩 デュオリサイタル Vol.14

カテゴリ:
メダルラッシュに沸いたリオ五輪の暑い夏から、静かに芸術をたのしむ秋の季節になって来ましたね。

毎年恒例の ピアノ 向山良作 & チェロ 榊原彩 の【Piano & Cello Duo Recital Vol.14】が開催されます。

・日時/2016年10月23日(日)14:00開演[13:30開場]
・会場/郡山市中央公民館 多目的ホール[郡山市麓山1-8-4] 
・入場料/一般2,500円、後援会員2,000円
・主催/一般社団法人 音楽工房あんだんて
・共催/安積高等学校第96期チーム松浦
・後援/郡山市・郡山市教育委員会
・チケット取扱い・お問合せ/郡山市民文化センター、うすい百貨店、渡辺歯科医院[☎024-922-5934]、シエナコンテ(伊藤)[☎024-990-2535]、音楽工房あんだんて[☎024-952-0442]、ryo39a8concert@gmail.com
160831リサイタル表
お二人のプロフィールは、こちらをご覧ください。
160831リサイタル裏

秋の会津で稲刈りとアイガモとの交流はいかがでしょう!

カテゴリ:
今年の夏は猛暑続きでしたが、緑の水田も少しづつ黄色がかって来ました。
7月に会津で開催された【アイガモオーナー倶楽部 夏の農業体験会】では、いわき市・郡山市・二本松市や地元会津に加えて、外国人ご家族も参加しての楽しい体験会でした。
〇「アイガモオーナー倶楽部」のFacebookです
160831②表
1)第2回 秋の農業体験会
  ・概要/昼食付き、稲刈り体験会、小雨決行(雨天中止)

 ・内容/アイガモや農家さんとの交流、アイガモ栽培米の手刈り体験、農家のお昼ご飯、農家のお土産など

2)アイガモオーナー倶楽部
①農業体験1回コース :
農業体験12,500円[昼食付]=2,500(消費税込)              
②お米コース  :
農業体験12,500円[昼食付]+アイガモ米5kg3,4005,900(消費税込)
③オーナーコース :農業体験2回×2,500円[昼食付]+アイガモ米5kg3,400円+アイガモ肉1羽分   =14,300(消費税込) 

            ※ いずれも、「農家のお土産付き」です。

3)日 時:2016年9月18日(日)10:00~15:00

4)会 場:会津若松市北会津町和泉地区
)主 催:会津の米生産者団体【夢ごこち会】

       事務局 ()すとう農産内 TEL0242-59-1021

      〒965-0107 福島県会津若松市北会津町和泉470番地
160831②裏
春には、可愛いアイガモのヒナたちが泳いでいました。
160831アイガモヒナ
会津の名峰磐梯山が見える鴨場では、立派に育ったアイガモ達が別荘(鴨場)で過ごしていました。
160831アイガモ成鳥
アイガモとの交流や田んぼ見学の後は、農家のお昼ご飯や野菜の収穫体験を楽しみました。今年の秋は、皆さんとの出会い~交流を楽しみたいと願っています。
160831野菜収穫

チームふくしま:8月のサララミーティング

カテゴリ:
8月26日(金)のチームふくしま8月の『サララMTG』は、リオデジャネイロ・オリンピックの熱気や連日の猛暑を思わせる熱いMTGでした。
今回は、新たに<西会津町:米・加工品生産者/会津坂下町:鶏卵生産者/伊達市:醤油醸造業/須賀川市:バラ生産者>の4名の方々が、片道2時間の遠方から参加されました。
ランチの前に、「チームふくしまの活動目標や活動内容」を説明。その後、初参加者さんから自己紹介をいただきました。ガーデンレストラン サララは、『”本物を届けよう”のコンセプトを掲げ、新鮮な野菜を贅沢に使い、老若男女問わずに安心して食を楽しめる和食中心の“自然食ランチビュッフェレストラン”です。』(HPより)
この日も新鮮野菜を使った「押し寿司」など、新メニューが好評でした。
160826サララMTG
美味しいお料理で食事と話しが弾んだ頃、(株)キオラガーデングループ代表のK社長が同席していただきました。K社長は、9月中旬にオープンに向けて工事が進む大型自家焙煎室、ベーカリー・スイーツ室、物販スペースを、オープンにご案内してくださり、創業の経緯や今後の事業計画まで、興味あるお話しをしてくださいました。K社長のお話しを熱心に聴く「チームふくしま」のメンバー。
160826小松社長①
工事が進む現場を見学しています。
160826小松社長②
大型の自家焙煎室。一流の職人が集まって来ます。
160826焙煎機①
160826焙煎②
内装工事は、K社長も率先して汗を流すDIY方式でした。
160826小松社長③
今でも人気の「バイキングレストラ サララ」に、9月中旬に新たな名所が誕生します!今から楽しみです。

岩瀬書店福島駅西口店様×チームふくしま=『ワクワク売り場』誕生!

カテゴリ:
岩瀬書店様チームふくしまでは、『本と食雑貨』のコラボで、本屋に行く機会、本を手に取る機会を増やしたいと考えました。そして、福島県内の企業や農家のみなさんとタッグを組み、福島県産の農産物と本を組み合わせた『記憶に残る画』としてのコラボ商品棚を、岩瀬書店福島駅西口店内に作りました。
160729新商品棚
▽ 店内に入ってすぐの大きな壁面棚が「コラボ商品棚=ワクワク売り場』です。(棚づくりスタート)
160729岩瀬書店棚づくり
▽ スチール書棚をみなさんで、黒くペインティング。
160729書棚塗り
▽ スチール棚は、「麻布」で包んでナチュラル感を演出。1枚づつ手作りです。
160729棚板づくり
▽ 作業する事3~4時間。【本×瓶入りカレー米=ワクワク売り場】の誕生!
160729瓶入りカレー米
▽ 岳温泉名物の『ミルクジャム・ジンジャーシロップ』棚も完成!
160729佐藤物産商品棚
▽ 商品棚の上部は、チョークの手描き文字。今までの本屋さんには無い、ワクワクする売場です。
ぜひ、Jr福島駅にお越しの際は、岩瀬書店福島駅西口店の『ワクワク売り場』をお楽しみください。
160729岩瀬書店西口店


動画『天王台ニュ-タウン・ライフ シニア編』公開しました。

カテゴリ:
当社でお手伝いさせていただいております、福島県泉崎村様の【わっはっは!泉崎村】サイトに、動画『天王台ニュ-タウン・ライフ シニア編』が公開されました。
 泉崎村は、福島県南部の白河市に隣接し、水と緑に囲まれ第一次産業が中心でしたが、近年は東北自動車道矢吹ICや東北新幹線などの開通で、大型企業が進出し、第二次産業の振興が目ざましい村です。
村では、JR泉崎駅前の高台に『天王台ニュ-タウン』をつくり、地元を始め、首都圏や全国各地からの移住された皆さんが、生活環境に恵まれた<天王台ニュ-タウン・ライフ>を楽しんでします。
 今回の動画『シニア編』では、福島県内から移住された『食彩工房 えん』店主の遠藤様に、天王台ニュ-タウンの魅力をお話ししていだき、また村内の生活施設をご紹介しています。
160728天王台ニュータウンシニア編
▽ 天王台ニュ-タウンの中心部にあるログハウス風の現地案内事務所。希望者には、村役場がご案内します。現地案内所には、職員は常駐しておりませんので、ご来場の際は、事前に「泉崎村役場 事業課(産業グループ)」までお電話いただけると幸いです。 TEL:0248-53-2238
160711動画案内所
▽ 天王台ニュ-タウンから東北本線を走る列車を
160711列車
▽ 団地内にある『食彩工房 えん』様の撮影
160711動画えん
▽ 『食彩工房 えん』の店主:遠藤様
160711えん店主
▽ 泉崎カントリーヴィレッジにあるパークゴルフ場が大人気!
160711パークゴルフ
▽ お若いご家族からシニアの方にも人気の泉崎村『天王台ニュ-タウン』です。
160728天王台ニュ-タウン地図

アイガモオーナー倶楽部:夏の農業体験会

カテゴリ:
7月23日(土)、郡山は梅雨空の曇り空です。朝から『アイガモオーナー倶楽部 夏の農業体験会』のお手伝いで、会津若松市に向います。磐梯熱海温泉を過ぎ、猪苗代湖湖岸を走る頃には、梅雨明けした様な青空に。
主催者の「夢ごこち会」さんには、若松市や喜多方市内はもちろん、いわき市や郡山市、二本松市、福島市など、県内各地から参加者さんが集合しました。
160723アイガモチラシ
集合場所からアイガモが育てられている「鴨場」へ移動します。青空に磐梯山がそびえ、白色の会津慈母大観音像まで、クッキリと見えます。その麓にある「鴨場」。『アイガモ倶楽部』事務局の須藤さんが、アイガモのヒナの時から現在までの飼育状況を、写真を使って解説してくれました。
参加者さん等は、予想よりアイガモの成長が早いのにびっくり!お米や草の餌やりをしました。
160723アイガモ説明
160723ア鴨場説明
160723アイガモアップ
アイガモとの交流の後は、事務局に戻って、農家民宿『穂多瑠(ほたる)』さんの会津郷土料理のランチを楽しみました。
160723アイガモランチ
丸ごと人参の蒸し煮胡麻ソース掛け
160723ランチ人参
にしんの甘辛味噌煮
160723ランチにしん
子供達は、自分でおむすびを握りました。
昼食後は、アイガモ米の田んぼを見たり、精米施設~味噌加工場見学を。
その後は、畑に行って、大きく育ったトマト・茄子・きゅうりの収穫体験をして、お土産に持ち帰りました。
160723野菜収穫
地元に暮らす外国人親子も参加し、農業体験会を楽しまれました。
160723参加者
県内各地や外国人家族も参加しました。「秋の農業体験会」(10月下旬予定)での再会を約束して、“はい、チーズ!” 楽しい体験会でした。
160723参加者集合

『JSPふくしま』セミナー:第3回・4回講座

カテゴリ:
- 生産者と共に、消費者のために 伝統日本の食と職を広く世界に発信する - をテーマとした『JSPふくしま』セミナー[第3回・第4回講座]が、7月20日(水)に郡山市の福島県農業総合センターで開催されました。
福島県内各地から受講生・聴講生が参加されて、定刻ににセミナーがスタートしました。
160720JSP③④看板
▽ 第3回講座のテーマは、「売上げを上げる3つのデザイン」
   第4回講座のテーマは、【福島拓景】事例紹介
160720JSP③④テキスト
▽ 廣田講師の講義が始まりました。第3回講座は、売上げを上げる「3つのデザイン」をまとめるために、『事業理念』の大事さを分かり易く、事例を交えて話されました。
160720JSP拓也講師
▽ 受講生全員が、各自の『事業理念』を書き出して、発表です。『事業理念』を文書化し、人前で言葉にすることで、受講生のみなさんの真剣さが伝わって来ます。
160720JSPキノコママ
160720JSP木田
▽ 第4回講座は「ブランディング事例」の紹介です。
(株)GNSが展開する『たなつものブランド・TANETSUMONO DINING・七右ヱ門・福島拓景』ブランドの<販売ターゲット・市況概要・商品特徴・課題>などを、具体的に開設する。
その後、「今持っている商品・サービスを売りたい場所、届けたい人、届けたい量(売り上げ目標)」などを各自で記入する。いくらでも良いので「売り上げ目標」を決める事の大事さを話す。
最後に、受講生が持ち寄った商品を各自が商品説明を行い、活発な質疑応答や意見交換が行われた。
160720JSP商品展示
160720JSP商品展示2
160720JSP亜貴
160720JSP真平
▽ また、講義予定は無かったのですが、渡部講師も駆けつけていただき、受講生の質問に大変参考になる講義をいただきました。最後の『JSPふくしま』セミナーの一番のキーになる【現地指導】が、9月、10月に予定されています。講師が、直接受講生の生産現場・加工現場に伺い、普段はなかなか気が付きにくい経営資源の活かし方、商品のブランディングやブラッシュアップを指導されます。
講師の先生方、ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
160720JSP渡部講師

庄内の6次産業化施設と、念願の東北芸術工科大学視察

カテゴリ:
7月1日(金)横須賀~2日(土)鎌倉への視察研修でした。酒田市内の女性農業者のKさんとJR余目駅で待合せました。最初は、小雨の中、JR余目駅前『庄内町新産業創造館 クラッセ』を視察しました。
『クラッセ』は、築80年の土蔵造りの米倉庫を改修した施設です。館内には、庄内町情報館・カフェ「余目製パン」・レストラン「やくけっちゃーの」・なんでもバザール「あっでば」・6次産業化貸工房・6次産業化共同利用加工場・貸オフィス等が完備し、新たな6次化商品を開発し、開発した新商品は『クラッセ』で販売する。ワンストップ型の施設です。
『クラッセ』のFBはこちら。
『クラッセ』オープンを紹介したページは、こちら。
160703庄内クラッセ1
160703クラッセ2
〇6次産業化工房 (貸工房・共同利用加工場)/地元の農林水産物を活用した、新たな加工特産品を開発できます。貸工房(計4区画)では、個人・企業がそれぞれ新しい商品開発に取り組んでいます。私の友人のKさんもここで新商品開発を行っています。
160703クラッセ3
160703クラッセ4
『クラッセ』視察の次は、真のナポリピッツア協会東北初認定店の『稲波街道 緑のイスキア』さん案内していただきました。突然緑の田んぼの中に、白い建物と赤い看板が飛び込んで来ました。Kさんお薦めの<農場レストラン・ピッツエリア>の店『緑のイスキア』さんです。お昼前にも関わらず、駐車場には県外ナンバー車も。お店の前には、新鮮野菜を栽培している自家農園が広がっています。イタリア政府公認の『真のナポリピッツア』と有機野菜のランチセットをいただきました。昼頃には、お店の外まで行列ができました。
160703イスキア
160703ピザ
昼食後も、有名な「清川屋鶴岡インター店」や「庄内観光物産館」などを視察し、夜は事前に「6次産業化・農商工連携」研修会でお世話になったMさんも合流して、旧交を温めました。
次の日は、JR酒田駅~JR新庄駅~JR山形駅へ。そして、ここ数年産学連携や6次化、農商工連携で度々校名が登場していた『東北芸術工科大学』へ、念願かなって視察に伺いました。
この日は、平日の月曜日でしたので、校内での写真は遠慮して、その分本館~図書館~能舞台~学生会館(学食・カフェ)~滝などをゆっくりと見て回りました。
160704芸工大1
160704芸工大2
160704芸工大3
最初に、見学の挨拶に伺った事務所でいただいた2017年版大学案内パンフレットです。非常に分かりやすく、見やすいパンフレットです。
160704芸工大4

このページのトップヘ

見出し画像
×