『JSPふくしま』セミナー:第11回・12回講座

カテゴリ:
- 生産者と共に、消費者のために 伝統日本の食と職を広く世界に発信する - をテーマとした『JSPふくしま』セミナー[第11回・第12回講座]が、1月18日(水)に郡山市の福島県農業総合センターで開催されました。
170118JSPセミナー会場
▽今回は、渡部講師・廣田講師に加えて、(株)シーズコアの営業を統括する坂井講師が急遽参加されました。去年の6月から半年以上学んだ「商品づくり」の最終講義です。講義は、
『受講者によるプレゼンテーション研修』
『講師によるプレゼンテーションへの講評』

全国の有名企業の本部バイヤーへ、日々商品提案をされている坂井講師により、最新の販売店の動向に基づき、具体的でレベルの高い指摘を、受講者全員の商品に対していただきました。
170118坂井講師
▽受講者の商品一つ一つを丁寧に、真剣に、チェックされて助言を行なう講師の方々。
170118商品チェック
▽紙製のパッケージに入った会津の米農家さんの『リゾットのお米』。販路拡大の可能性がある。最低三つ程のバリエーションがあれば、(中間業者としても)取り扱い易いですね。(坂井講師)
170118リゾット米
▽二本松市東和地区のなめこ生産者さんの開発商品-〇〇用チョイかけ「nameko」(仮)-です。
170118加工なめこ
▽200年以上続く、糀製造会社さんの『フルーツ甘酒』(写真左)と、喜多方市山都街町の野菜農家さんの『オリーブオイル漬け専用のドラトマト』(写真右)商品
170118甘酒
▽二本松市東和地区のNPO法人さんの「桑の葉茶・桑パウダー」をバージョンアップした、新ブランド商品『桑茶フレーバー』商品群のプレゼンテーション中です。
170118真平君
▽受講者全員が情熱を込めて書き上げたプレゼンテーション資料の一部。『JSPふくしま』セミナー開講当初から比べると、「質問力」も格段に上がり、講師陣の専門的な講義への「消化力」も高まって来ました。
今回で、平成28年度の『JSPふくしま』セミナーは終了ですが、決して終わりではなく、ここから新たな始まりであることを、受講生一同が身を持って感じていたようです。
170118JSPプレゼン資料
西会津町や会津坂下町、いわき市、保原町など、県内各地からご参加いただきました受講生の皆さまに、心より感謝御礼申し上げます。では、3月1日(水)の『閉講式』でお会いしましょう。

『山形市新春農業講演会』でお話しさせていただきます。

カテゴリ:
大雪予報が出ていた「大寒」でしたが、「大寒」が過ぎれば、日毎に春が近づいて来ます。
来週の1月26日(木)に『山形市新春農業講演会』で講演させていただきます。
・演題/山形発!! 農産物のブランド化
・日時/1月26日(木)13:30~15:30
・会場/山形市農業研修センター[山形市東古館145番地]
・入場無料、申込み不要
・主催/山形市・山形市農業振興協議会・山形市農業研修センター・(一社)山形市農業振興公社
・問合せ先/山形市農政課 TEL:023-641-1212(内線429)
        (一社)山形市農業振興公社 TEL:023-644-1622
170120山形講演会

福島発の新ブランド【福島拓景】がモニター様募集中!

カテゴリ:
福島発のおみやげ新ブランド【福島拓景】に、新しい絵柄が描き上りました。
福島の名所の「桜・紅葉・雪」をの絵柄です。

【福島拓景】の美味しいモニターに参加しませんか。新デザイン商品「品評会モニター様」募集中!
〇募集要件
・日時/2月13日(月)11~13時  定員/先着20名様
・会場/福島市の岩瀬書店八木田店[福島市八木田字並柳163-1] 2階会議室
・【福島拓景】新商品の試飲試食です。参加費は無料です。
・試飲試食商品の評価、味、価格、パッケージ等への感想をお聞かせください。
・モニター様には、「新商品試飲試食、ご昼食、岩瀬書店商品券、試供品」を贈呈いたします。

〇モニターお申込みは、チラシの裏面にご記入の上FAXするか、メールでお申し込みください。
【お名前】【男・女】【〒・ご住所】【電話番号・FAX番号】【携帯電話】【生年月日:西暦年月日】
【メールアドレス(携帯不可)】
※メール申込み先 popland@popland.jp 【福島拓景】品評会モニター係
※お申し込み後、係からご連絡させていただきます。なお、定員を超えた場合は、お断りする場合があります。

皆様のご応募をお待ち申し上げます。
170120takkei_monitor_flyer_表
170120takkei_monitor_flyer_裏


【視察研修】日本橋から、青森県八戸市へ

カテゴリ:
道の駅「発酵の里こうざき」には、採れたて野菜・果物に、米、花き、惣菜など、新鮮野菜がいっぱいの市場『新鮮市場』があります。視察当日は、好天に恵まれ、利根川沿いの道の駅は、とても開放的です。
161203神崎直売所
『新鮮市場』の店内には、青果物やお花に加えて、お弁当やお惣菜、お菓子、加工品などが並んでいます。
売り場を見学していると、【じゃらん賞】のPOPが目に飛び込んで来ました。『豚の味噌麹焼き丼』(千葉県神崎町)
161203神崎弁当
午後からは、下総神崎駅から成田駅に移動して、一度は行きたかった「成田山新勝寺」を視察。全国各地にお寺さんや神社は数多くあります。数百年以上経っているこれらの寺社や門前町の盛衰を考えると、老舗ならではの商いのヒントがあるのではといつも思う。
161203成田山新勝寺
成田山参詣の楽しみの一つに、門前町(表参道)散策があります。JR成田駅前から成田山に至る商店街がメインの表参道です。ここには、創業百年以上という老舗も珍しくありません。見上げるばかりの三階建木造建築の大型旅館などが見られます。成田名物のうなぎ屋には、店頭でのうなぎのさばきやかば焼きの実演で、長い行列ができています。
JR成田駅から坂を下り、成田山に向かう参道は大勢の観光客で賑わっています。総門をくぐり、豪華絢爛な三重塔を見上げながら、大本堂に参拝しました。その後、成田エキスプレスで東京へ向かいました。
161203成田山うなぎ
視察三日目の4日(日)は、ゆっくりとホテルで起き、日本橋~八重洲口界隈をウォッチング。
さすが、日本橋界隈は高級百貨店や『コレド室町』などの大型商業ビルが、クリスマス・歳末の装飾が美しいです。また、日本橋界隈には全国のアンテナショップも多く、ぶらぶらするには丁度良い街です。
写真の甘酒は、コレド室町内の富澤商店で見つけた「おしゃれな甘酒」です。
161204甘酒
5日(月)は、新幹線で北上して八戸市へ。八戸は「イオンモール下田店」と有名な「八食センター」視察です。
クリスマス・歳末商戦時期の千葉県や日本橋を視察し、同時期の東北の大型店も視察したくなりました。
「イオンモール下田店」は、とにかく大きなお店です。この立地で、どれだけの集客、売り上げがあるのか?興味があります。また、イオンスーパーの青果物売り場の向かい側には『フルーツ&野菜村』があり、お客様は2店舗を行き来して、買物をされていました。
161205イオン野菜村
なにより、感心したのは“さすが!青森!”。お歳暮コーナーには、木箱に入ったリンゴの贈答箱が、山積みされています。しかも、大量にです。今回の視察研修も大きな収穫がありました。
161205イオンリンゴ箱161205イオンリンゴ売場







【視察研修】千葉県の「発酵の里こうざき」へ

カテゴリ:
今年最後の視察研修は、12月2日(金)~5日(月)の4日間に渡って、千葉県野田市~柏市~神崎町~成田市~東京日本橋~青森県八戸市を視察して来ました。今回のテーマは「クリスマス・歳末の売場づくり」と「発酵の里こうざきの『発酵市場』」視察です。
JR大宮駅で野田市行に乗り換えの時間調整で『エキナカ、エキュート大宮』をウォッチング。どのお店も赤や緑色のクリスマスカラーの装飾で、ワクワク感を演出しています。
野田市駅で旧知のOさんご夫妻と合流し、野田市の人気イタリアン「コメスタ」の姉妹店『中国料理:醤香』で昼食。Oさんご夫妻に、農産物直売所代表のSさんも合流。Oさんも、Sさんも退職後もビジネス現場のトップとして、元気にご活躍されています。食事後、Sさんのご案内で『ゆめあぐり野田』を視察。 その後、市内を案内していただき、最後は「ららぽーと柏の葉」を視察。
店内には、スーパーの青果売り場とは別に、農産物直売所『わくわく広場』があり、広い売り場に「新鮮野菜」と「こだ和り食材」が並んでいます。特に、壁面の上品棚は、大きなタイトルPOPが掲示され、見易いです。
161202大宮駅161202わくわく広場
3日(土)は、JR柏駅~成田駅~下総神崎駅へ。駅からはタクシーで「道の駅 発酵の里こうざき」へ。
神崎駅から街中を抜け、快晴の下、利根川沿いの土手道をしばらく走ると広い駐車場のある「道の駅 発酵の里こうざき」着です。「道の駅あいづ湯川・会津坂下」等、意外と道の駅は河川敷にあるのを感じました。
161203発酵市場看板161203発酵市場
道の駅「発酵の里こうざき」には、まるで発酵食品の博物館!
・全国の発酵食品が大集結 発酵市場
・採れたて野菜いろいろ 新鮮市場
・発行の旨みを味わえる 喫茶・お食事オリゼ
特に『発酵市場』の店内は、神崎町内の発酵食品と、全国から厳選した発酵食品がずらりと並んでいます。
▽店内には、町内・全国の発酵食品がいっぱいです。
161203発酵市場店内1
161203売り場2
161203売り場3
道の駅内にある喫茶・お食事の『オリゼ』で、早めのランチ。写真は、レディースセットです。『オリゼ』は、アスペルギルス・オリゼ[麹菌]を意味します。清酒、味噌、醤油、みりんの製造にかかせない発酵の素です。
道の駅「発酵の里こうざき」は、期待通りのわざわざ来る価値のある道の駅です。神崎を後に、次の視察先の成田山新勝寺に向かいます。
161203レディスセット



『JSPふくしま』セミナー:第9回・10回講座

カテゴリ:
- 生産者と共に、消費者のために 伝統日本の食と職を広く世界に発信する - をテーマとした『JSPふくしま』セミナー[第9回・第10回講座]が11月22日(火)に、7月のセミナー以来久し振りに、郡山市の福島県農業総合センターで開催されました。
160720JSP③④看板
161122⑨⑩JSPセミナー飼料
▽今回は、廣田講師の講義で『商品開発・販売講座』がテーマ。講義は、前半(第9回)後半(第10回)に分けて
①顧客設定
②商品開発の基本
③戦略的営業
④販促物やコミュニケーションによる売場支援
⑤営業戦略を練ってみよう
⑥原価の捉え方
⑦原価計算をしてみよう
廣田講師からは、モノが溢れすぎている時代に、『モノそのものの価値だけでは、売れない。』既に出来上がったモノではなく、作るプロセスを価値にする『体験型商品の提供』
モノづくりから コトづくりへ
161122⑨⑩JSPセミナー
▽今回も講義予定は無かったのですが、渡部講師も駆けつけていただき、オブザーバーとして、受講生の質問に大変参考になる講義をいただきました。
161122⑨⑩JSPセミナー講師
▽廣田講師の講義の特徴は「対話形式」にある。受講生を2グループに分けて、廣田講師班・渡部講師班に分かれて、ぞれぞれ受講生の「営業戦略」を書き出していただきました。
「営業戦略」では、商品開発~流通~売場づくりなどの「課題」を見つけ、参加者同士で『連携できる点はないか?』を考え、『協働』を模索していきます。その結果、お客様に喜ばれる売り場をどのように提案していくかなど、積極的な意見交換で盛り上がりました。
▽後半(第10回)は、廣田講師より重点的に「原価計算」を学びしました。廣田講師いわく『原価計算を間違えたまま商品を作っている方は、6次化関係で多いです。』の言葉通り、参加者の関心は非常に高く、4~5人の受講者から質問も出されました。
161122⑨⑩拓也さん161122JSPセミナー拓也氏
▽熱心に意見交換する受講者さん。
いよいよ次回は、受講生各自の「新商品、もしくは既存商品のリデザインによるプレゼンテーション研修」講座になります。講師の先生方、ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
161122⑨⑩受講生02


福島県泉崎村で【そば打ち交流会/餅つき交流会】参加者募集中!

カテゴリ:

紅葉も終盤ですね。福島県泉崎村から美味しいご案内が届きました。毎年大人気の「そば打ち体験」交流会、年末恒例「餅つき体験」交流会、皆さま奮ってご参加ください!

161110泉崎村そば打ち

お待ちかねの『e-村民』「そば打ち体験」交流会を12月3日(土)に開催します。
この時期にしか味わえない、新そばをご自分の手で打って、そして召し上がっていただきます!ご家族、お友達おそろいでご参加ください。お待ちしております!
★お申込みは平成28年11月21日(月)までとなっております。
昨年の「そば打ち体験」交流会の様子は、こちらからご覧になれます。

 

161110餅つき

毎年大人気の『e-村民』「餅つき体験」交流会を12月17日(土)に開催します。毎年たくさんのお申込みをいただく、人気の交流会です。千本杵を使って、小さなお子さんも含め全員で楽しくお餅をつきます。
ついたお餅は、餡やきなこ、お雑煮などでいただきます。つきたてのお餅は格別ですよ!たくさんのご参加をお待ちしております。

★お申込みは平成28年12月5日(月)までとなっております。
前回の「餅つき体験交流会」の様子はこちらから見られます

なお、『e-村民』登録ご希望の方は、こちらからご登録ください。

泉崎村の【わっはっは!泉崎村】サイトに動画公開!

カテゴリ:
インターネット村民『e-村民』募集中!の福島県泉崎村の交流サイト【わっはっは!泉崎村】に、動画を公開しました。JR泉崎駅前に立地する泉崎村が販売する『天王台ニュ-タウン』暮らしを紹介する動画です。
<シニア編>は、こちらからどうぞ
<ファミリー編>は、こちらからどうぞ

161029【わっはっは!泉崎村】
動画の撮影は、<シニア編>の撮影からスタートしました。初日は梅雨空に苦戦し、2日目は梅雨の晴れ間の晴天の下で行われました。『天王台ニュ-タウン』に移住された、シニア世帯の方にご協力いただきました。
また、人気の「泉崎パークゴルフ場」では、利用客の皆さんにも、快くプレーを撮らせていただきました。
161030天王台事務所161030天王台列車
161030パークゴルフ161030末永宅
<ファミリー編>の撮影は、秋晴れの下で行われました。福島県の浜通りから移住された、ご家族の紹介や「子育て応援」に熱心な、泉崎村の幼稚園~小学校~中学校~図書館などの公共施設を中心に紹介しています。
どうぞ、一度【わっはっは!泉崎村】サイトにお立ち寄りください。
161030幼稚園161030小学校
お蔭様で、インターネット村民『e-村民』も2016年10月29日現在で、会員数が2,748名様になりました!
【わっはっは!泉崎村】サイトでは、会員特典をご用意して、『e-村民』の募集を行っております。
ご興味のある方は、ぜひご覧ください。
e-sonminバナー





『JSPふくしま』セミナー:現地指導講座 第2回

カテゴリ:
- 生産者と共に、消費者のために 伝統日本の食と職を広く世界に発信する - をテーマとした『JSPふくしま』セミナー[第7回・第8回講座]が、10月19日(水)に、いわき市のオリーブ農家:木田さんで開催されました。
161019屋外講義161019テキスト

セミナー当日は、秋晴れの好天に恵まれ、県内各地から受講生の皆さんが参加されました。
渡部講師からは、前回に引き続き「販路開拓勉強会」の講義をいただきました。
・マーケットインの販売戦略
・売り場(バイヤーさん)は「モノ」を買っているのではなく、「理念やコンセプト」を買っている
・クレームを回避する事前対策は、商品管理
・お客様を引き付けるストーリーがありますか?
・事例を交えて具体的な「プレゼンの話法」の紹介
など、「商談会」に向けた具体的な講義でした。
161019渡部講師
渡部講師の講義の後、オリーブ農家の木田さんの指導で、受講生全員で「オリーブの収穫体験」です。緑のオリーブ、紫のオリーブ、緑と紫が半々位のオリーブが、たくさん実っています。
一つ一つの実を手摘みします。そして、手摘みしたオリーブを集めて、不完全な実や未熟な実を、これも目視で取り除いていきます。人手のかかる、根気のいる作業です。
161019オリーブ収穫
青空にオリーブの実が輝いています。
161019オリーブの実
オリーブ収穫体験の後は、この秋に完成した「オリーブ製品の加工所」へ。オリーブの苗木を育てている温室の隣りにある加工所を見学しました。
161019加工所
オリーブを絞る機械です。これからドンドン出番が増えると良いですね。
161019加工機械
加工所見学の後は、木田さんのオリーブ商品を販売している、いわき市のJRいわき駅近くにある「すかいストアー」での昼食です。
昼食時には、木田さんから今年収穫したオリーブで作られ「オリーブオイル・オリーブの塩漬け・オリーブの糀漬け」などが出され、みんなで試食です。食事の間も活発な意見交換がなされました。
161019オリーブ試食
食事の後もオリーブ茶を頂きながら、渡部講師の講義を受けました。
・展示会場での立ち話し、テーブル商談
・相手の会社へ訪問商談
・バイヤーの来社商談
また、渡部講師からは、木田さんに『なぜ、オリーブだったんですか?』の質問がありました。木田さんからは、『耕作放棄地の活用』『若い人が興味を持て作物』『企業を巻き込んでのCSV活動』など、オリーブ栽培にかける熱い想いを語られました。
その後、渡部講師より「北のオリーブ≒木田のオリーブ」ブランド戦略に対する、助言をいただきました。
今回も、渡部講師・廣田講師を囲んで、熱心な講義が行われました。
講師の先生方、ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
161019ランチ講義

『JSPふくしま』セミナー:現地指導講座 第1回

カテゴリ:
- 生産者と共に、消費者のために 伝統日本の食と職を広く世界に発信する - をテーマとした『JSPふくしま』セミナー[第5回・第6回講座]が、9月21日(水)に本宮市の(有)糀和田屋様で開催されました。
台風による大雨も心配されましたが、定刻にセミナーはスタートしました。
160921糀和田屋
▽ 「創業明和年間 今に継がれる 手造りの味」をモットーに、240年以上受け継がれてきた伝統の逸品。安心で安全 それが「糀和田屋」の麹商品です。(WEBサイトより)
160921和田屋看板
▽ 旧奥州街道沿いの商店街にある小売店舗を見学させていただきました。三瓶社長からは、糀和田屋さんの商品説明を伺いました。
160921和田屋店舗
商品説明を受けた後は、糀製品の工場視察です。糀和田屋の強みは『手作りの味にこだわった商品づくり』とおっしゃるように、和田屋さんの製品は、国内産丸大豆、福島産上質米を豊富に使用して昔ながらの木の樽で、一年間自然に発酵させたもので、保存料などの添加は一切ない「手作りの天然醸造味噌」です。(WEBサイトより)
160921和田屋糀
▽ 三瓶社長が、和田屋さんの1階~3階までの製造工場を詳しく案内していただき、工場視察後、会議室では現在の課題などの質疑応答も交わされました。
160921和田屋工場2
▽ 工場視察の後は、同じ本宮市にある「東北自動車道 安達太良サービスエリア:下り線」の売り場視察です。安達太良SAには、和田屋さんの人気商品『フルーツ甘酒』が並び、猛暑の夏場は飛ぶように売れたそうです。
160921フルーツ甘酒
▽ 受講生たちも人気のSAの売り場チェックです。
160921安達太良SA
▽ 安達太良SAの視察を終えて、和田屋さんの近くにあって、蔵を改装したカフェ『蔵』さんで「ランチ&講義」です。昼食の間も熱心な意見交換が続いていました。
160921和田屋資料
▽ 渡部講師からは、『商品開発の前にしなければならないこと』として講義がありました。
・会社を動かす理念、キーワード(コンセプト)が必要
・消費者が思わず気になる商品コンセプト
・迷わないために
そして、『JSPセミナー』の目標である新商品開発や現在ある商品のリデザインに関しても、具体的な指導がされました。現地指導相談者の和田屋さんはもちろん、受講者にとっても現場でのご指導だけに、リアリティがあり、大切な学びの時間になりました。次回は、いわき市のオリーブ農家さんを視察します。
160921渡部三瓶
▽ 渡部講師・廣田講師を囲んで、熱心な講義が行われました。
講師の先生方、ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
160921和田屋講義

このページのトップヘ

見出し画像
×