アーカイブ

2007年02月

仙台市で講演

カテゴリ:
今日で2月も終わりだ。冬晴れの一日だった。今日は、朝から仙台市出張だった。

仙台市外郭団体協議会特別研修会

に講師として呼んでいただいた。

32486190.jpg

4bfcfd02.jpg

仙台市の社会福祉協議会・健康福祉事業団・農業園芸振興協会・建設公社・スポーツ振興事業団・ひとまち交流財団・私立病院協会・市民文化事業団・ほか、の外郭団体から23名の方々が参加された。

午前中は、 講義:まずやってみよう!人に知ってもらい、人を集めるノウハウ

午後は、 演習:あなたが社長!「ヒト×モノ×カネ×情報」をいかした新会社創り

の二部構成で研修を行った。
参加者の皆さんは、始めてのテーマだったのか講義の時は静かに受講していただいた。

午後のワークショップ形式の演習では、5?7名のチームで「新会社を創業する」という設定での会社ゲームだったので、自己紹介?新会社のテーマ選定?役員選出?社名決定あたりから緊張もほぐれ、和やかな雰囲気の中で、ユニークなビジネスアイデアが次々と出て来た。

4チーム4社が、新会社設立に伴う投資家向けプレゼンテーションを行う時は、各チームとも堂々とした発表を行っていた。チームワーク良く、発言も活発に出され、短時間でまとまった。

研修会終了後に、事務局の方の感想や、参加者の方の感想が嬉しかった。感謝合掌

カテゴリ:
今日も快晴の一日になりそうだ。2月も残す所2日だ。

オリックスから自由契約になっても、獲得に名乗りを上げる球団が無く、引退説まで流れた中村紀洋選手が、中日での契約が成立した。

中日は支配下選手登録している選手がすでに69人(上限は70人)に達しているため、育成枠での契約となり、契約金も400万円と、オリックス時代の50分の1だ。

そして、背番号も練習生扱いの「205」だ。野球少年に戻った心境ですと語っていた。彼の言動には問題もあったが、「205の挑戦力」を注目したい。

それ以外にも、往年の有名選手が日米で「テスト入団」に挑戦している。感謝合掌

日曜日は「波瀾万丈」

カテゴリ:
日曜日は、ちょっと遅めに起きて、珈琲をドリップするか、朝食の用意をする。

朝食を食べて、珈琲かお茶を飲みながら新聞に目を通す。そうこうするとほぼ10時頃だ。

29c94c23.jpg

日本テレビ系で日曜日の朝に放送されているスターの波瀾万丈人生を紹介する番組、

『いつみても 波瀾万丈』   を時々観ている。

今日は、日本の本格的ショーダンサーの第一人者で、女優・歌手・ミュージカルスターの 

「木の実ナナ」さん   の特集だった。

10代でデビューし、テレビ番組のアイドルになった。しかし、ヒット曲に恵まれず、単身渡米し、ショーの世界に出会い、本格的にショーダンスを取得し、ミュージカル『ショーガール』は代表作だ。

その後、下町育ちのきっぷの良さを感じさせる演技で、テレビ・舞台で活躍している。そして、多くの病気やケガを克服して、今ではミニスカートの似合う60歳だ。彼女の明るい笑顔とすてきなダンスに拍手。

これからも時間がある時は『いつみても 波瀾万丈』を観るだろう。感謝合掌

カテゴリ:
今日も朝から快晴だ。でも、気温は最高気温が4℃と寒い。

今週の28日(水)は「仙台市外郭団体協議会特別研修」で、講義と演習の講師を務める。主催者側のねらいが、次のように記されている。
----------------------------------------------

外郭団体を取り巻く環境変化に伴い、この研修を通して、視点を変える、視野を広く持つ、協力することの大切さを学ぶことを目的にします。

○午前の講義:
  「まずやってみよう!人に知ってもらい、人を集めるノウハウ」
   お金もない、人材もない、経験もない… だけど、あなたも成功できる

○午後の演習:
 あなたが社長!「ヒト×モノ×カネ×情報」をいかした新会社創り
  チームワークで描く100億円企業を創造 

----------------------------------------------

先週、主催者から参加者名簿が届いた。仙台市の協議会や事業団、財団などから30数名の方々が参加される。従来なら安定的な事業運営に注力すれば良かった部署だと思う。

しかし、財政改革の元での緊縮財政時代にあっては、外郭団体と言えど「事業収入」をいかにして上げるかは、緊急かつ重要な施策になって来ている。

この研修を通じて、参加者の皆さんに「新事業企画」を考える際の参考になるよう努めたい。感謝合掌

カテゴリ:
今日は、晴れていたが最高気温が3℃と寒かった。

昨日は、午後からNPO法人スローライフふくしまの「2月度理事・事業委員長会議」が開かれた。

1)1月?2月の活動報告

2)「サポート事業」応募の経過報告

3)福島県教育庁の「夢まなびと講座」公募の件

4)各事業委員会毎の「事業計画書」について

5)その他の協議事項


次年度の事業活動に向けて、自主事業や公募事業などを具体的に協議する。各事業委員会も独自の事業を計画している。一歩一歩着実に形にして行きたい。

理事・委員長さんの出席とI先生に、感謝合掌

このページのトップヘ

見出し画像
×