アーカイブ

2007年12月

おすすめ「道の駅」

カテゴリ:
昨日、昼前に自宅を出て、那須に向う。来年から福島県内の自治体の依頼で「道の駅 ○○○」の立上げプロデュースを担当させていただく。

▼ 「那須高原友愛の森」

531b2670.jpg

▼ おいしそうな手作りお惣菜

29628228.jpg

年末休みに入ったので、以前から気になっていた那須方面の「道の駅」見学に。最近は、雑誌『じゃらん』や『JAF Mate』でも「SA・PA・道の駅」特集を時々見かける。

昨日は、那須方面の 「那須高原友愛の森」 と 「明治の森・黒磯」 を見学して来た。

「道の駅」も立地条件や、「農産物直売所」から「道の駅」になったものなど、多種多様だ。

「那須高原友愛の森」は【観光交流センター/アグリ情報館】+【ふるさと物産センター】+【ふれあいの郷直売所】+【工 芸 館】+那須の食レストラン【なすとらん】に加えて、野外の石舞台や長屋門など、重厚な施設が広がる。

直売所内にある「軽食コーナー」は、地元の主婦手作りのお惣菜が出来たてで並んでいる。値段も安く、ボリュームもたっぷり。おばさん達の元気さが一番だ。感謝合掌

愛子様の「お印」ゴヨウツツジ

カテゴリ:
今日は、小雨時々曇りの寒い一日だ。午前中に自宅の部屋掃除を終え、正月準備を。

昨日は、昼前から家内と那須方面へ。「道の駅」見学と御用菓子を買って来た。那須に行くと、必ず立ち寄るのが 献上菓舗『鳳鳴館 扇屋』 さんだ。

お店の入口前には、愛子様の「お印」の樹齢百年の『ゴヨウツツジ』も丁寧に冬囲いされていた。

▼ 樹齢100年の「ゴヨウツツジ」

0ed1f4e5.jpg

▼ 可憐な「ゴヨウツツジ」の白い花 

4079c08f.jpg

▼ 御用菓集『花愛でまし』

92979aa2.jpg


○『花愛でまし』 (扇屋さんのWEBサイトより)

那須ゴヨウツツジ(敬宮愛子様お印)

愛子様御誕生記念菓には北海道特産大福豆の白餡に貴重な備中白小豆製の鹿の子を始め、ゴールドキウイプレザーブを菓芯に最高級餅粉「かぐや姫」を用いて、「ゴヨウツツジ」の純白にこだわった愛らしい和菓子です。

初冬の那須をドライブし、帰宅してからいただいた御菓子の美味さに。感謝合掌

スピード感豊かな対応

カテゴリ:
今日は曇り。予報では暖かくなるそうだが、外は冷え冷え。

cbe599e8.gif

今朝一番で、朝礼中に、 隠岐の島海士町の山内町長 さんからお電話をいただいた。

f4e42d49.gif

一昨日、日本郵政の「WXPACK」で資料を送ったら、島根県の離島にも関わらず、今朝海士町長の手元に届いたそうだ。予想以上に早い!しかも、値段も500円と手頃だ。

海士町長には、著書や【スローライフふくしま】活動、【快適古民家協会】事業等の資料をお送りさせていただいた。お電話では、1月○○日に東京でお会いできる事になった。

山内町長さんも、EXPACKも、スピーディで気持ち良い。ビジネスにとって、「迅速さ」は強力なアドバンテージになる。感謝合掌

カテゴリ:
今日は冬晴れの好天だった。師走の賑わいで、道路は渋滞気味だ。

外出から戻ったら、講演依頼のFAXが届いていた。依頼主名を見て驚いた。

神社本庁 教化部

しかも、依頼書には次の様な文章が書かれていた。

------------------------------------------

(前略)そして、年1回、モデル神社の宮司を一同に会し、その活動成果等を情報交換するとともに、地域住民がより神社への関心を高め、神社を地域社会の交流の場として再発見してもらうべく、研究会を開催しております。

これに伴い、今回、氏子数が少なく、資金も乏しい小規模神社において、より多くの人々に伝統文化に触れさせ、神社を身近に感じ、足を運んで頂くためのアイデアやヒント等につきまして、先生の御著書「人を集めるマニュアル」の主旨に沿って、ご助言等を賜りたく存じます。


------------------------------------------

この文章を読んで、現在活動している【NPO法人スローライフふくしま】の活動でも、地域の神社やお寺さんを地域住民の交流の場として、祭礼以外の普段の時も活用したいと考えていた所だった。

あまりのタイミングの良さに 『天の時』 を感じる。

「お金をかけない人集め」講演会 は、こちらをご覧下さい。感謝合掌

88歳のおばあちゃん取材

カテゴリ:
e1d0c459.jpg

今日は、朝日新聞福島総局から問合せのあった【古民協】の取材だ。午前中に福島から記者のMさんが、須賀川の本部に来られた。N会長と同席して取材を受ける。

【快適古民家再生協会】設立の経緯、協会の目的、協会の理念、具体的な会員状況、再生工法の特長、見学会参加者の感想、入居者さんお感想など、多方面に渡った質問に答えていく。

話しが弾んで、予定時間を大幅にオーバーする。昼頃、見学会でもお世話になった須賀川市のK様邸を訪問する。M記者がK様の米寿になるおばあちゃんにインタビューしたり、写真撮影する。

88歳のおばあちゃんのユーモアあふれる応対に、ほっと心が和む。K様のご主人とも話しをしたが、古民家を再生した効果が、おばあちゃんの笑顔が物語っていた。

なお、おばあちゃんも登場するコミック

『快適古民家再生ものがたり』

はこちらからご覧いただけます。感謝合掌

このページのトップヘ

見出し画像
×