アーカイブ

2008年03月

元気な神社になる法

カテゴリ:
e6509080.jpg

今朝もまぶしい晴天だ。

昨日は朝の新幹線で東京へ。午後から代々木の「神社本庁」で『神社振興セミナー』で講演させていただいた。午前中は、代々木でKさんと待合せ。久し振りの再会だ。

Kさんからは、地方の自治体等が「地元のこだわり生産物」の東京での販路開拓、業務用卸し先開拓で、産地との協働事業を準備中だ。福島県内での産地開拓を要請された。

昼頃、神社本庁を訪問する。もうお一人の講師のサントリー?次世代研究所S部長さんとお会いする。昼食後、セミナー会場に移って、13時過ぎから『神社振興対策研修会』で講演をさせていただく。

○次世代研究所S部長:成熟社会を共に生きる

○東山雅広:誰でもできる人を集める法


北海道から沖縄まで全国から参加されたモデル神社さん等が熱心に受講された。講演後、参加者からのいくつかの質問をいただき、回答させていただく。参加者の皆さんは、二日間の集中講座に熱心に受講された。

代々木から東京駅までのタクシーから眺めた、東京の桜は五分咲き位にほころんでいた。講演の話しが少しでも参考にされて“桜咲く”を願う。感謝合掌

矢祭町に日当制議員誕生

カテゴリ:
e25836c7.jpg

今朝は曇り、予報では雨になりそうだ。

昨日、県内9町村の町村議員選挙が行われた。独自のまちづくりで知られる、福島県南部の矢祭町では、

全国初の日当制議員が誕生した。

前町長時代から、「合併しない町づくり、住基ネット不参加、もったいない図書館」など、明確なポリシーと町役場職員達が率先して行動するユニークな政策を次々と具体化している。

そして、今回は年俸制の議員報酬を、活動した日数分だけ支払う「日当制の報酬」に変更し、候補者自身も『金のかからない選挙』を訴えていた。

今回当選した10人の議員は、新しい議員活動、議会運営の形として、全国から注目されるだろう。今までの実績からも矢祭町の挑戦を見守りたい。感謝合掌

「人を集めるセミナー」と隠岐島行き

カテゴリ:
0cb4b568.jpg

今日も快晴の暖かい天気だ。近くの公園も家族連れや子供達でにぎわっていた。

今日も野菜ソムリエの課題のレシピ作りをする。昨日、マイミクの桃農家さんにお邪魔して、畑から「おふくろ大根、辛いね大根、京人参、小松菜」をおすそ分けしてもらう。

前回のレシピ作りを反省して、3品ほど作る。何とか、課題の8品を作ったが、結構手間隙がかかるものだ。これらをカルテにまとめる作業が残っている。

今週は東京で二つの講演がある。26日は全国の神社さんを対象に「人を集めるセミナー」、そして28日は東京銀座で 「ふるさと暮らしセミナー」 が予定されている。

内容は、「東京生まれ、福島県田舎暮らしの実践事例紹介 ?スローライフ・古民家暮らし・キノコ栽培農家etc? 」。

そして、29日からは隠岐島海士町に伺って、町長さん始め役場や地元関係者の皆さんとの研修会がある。講演でお会いするのも、まちづくりで現地を訪問するのも『一期一会』だ。お会いできるみなさんに、少しでもお役に立つような充実した内容にしたい。

感謝合掌

お墓参り

カテゴリ:
0fb73a5a.jpg

暑さ寒さも彼岸までと言うが、今日は最高気温も16℃まで上がり、快晴。

今日の昼、妹家族がお墓参りに来た。妹夫妻に、長女Mちゃんと赤ちゃんのYちゃん。最高のドライブ日和だ。愛くるしい笑顔のYちゃんは、みんなの人気者だ。T寺を参拝し、その後お墓参りをする。

南に那須連山、北に安達太良山の見えるお墓は、いつも風が強く、お参りが大変だったが、今日は穏やかなお墓参りになった。近くの公園の大観覧車やジェットコースターも賑わっている。

私も今年は「還暦」。父の年齢に近付いたと思うと感慨深いものがある。お墓参りの後、市内にある お食事処「石水」さん で食事をする。このお店は郡山でもお勧めのお店だ。

両親のお墓参りで、無邪気な笑顔の赤ちゃんを見ていると、家族の歴史を感じた。感謝合掌

白菜の蒸し煮

カテゴリ:
033d8049.jpg

0a049eef.jpg

9ecdac7e.jpg

今朝は曇り。風も冷たい。暑さ寒さも彼岸までか。

昨日は、あいにくの雨だったので、午後から課題の「べジフルカルテ」のレシピ作りに挑戦。「べジフルカルテ」には、

○野菜や果物についての情報

○野菜や果物の特長・栄養

○野菜や果物を使ったレシピ

○そして、野菜や果物に対して感じたコメント

を記入する。その中でも、「レシピ」は最難関だ。8種類の野菜毎に、その野菜を活かしたレシピ作り。

昨日は、「白菜、玉ねぎ、にら、八朔、サツマイモ」に挑戦。普段食べなれているが、正式に分量や調理法を意識して作るのでは大違いだ。(毎日の料理作りは大変だ。)写真は「白菜の蒸し煮」。

調理後のイメージと実際出来上がった料理が、だいぶ違うものもあった。特に、分量と味付けが難しい。(それでは、全部が???では。)しかし、じっくり調理していると野菜や果物をじっくり観察する。

大変な中にも、新しい発見があって、それなりに楽しめる。カルテにまとめられそうかな。感謝合掌

このページのトップヘ

見出し画像
×