アーカイブ

2008年06月

カテゴリ:
今朝は曇り、予報では午後に晴れて来て、夏日になりそうだ。

今日で6月も最終日。今年の「折り返し点」だ。今年前半の主な出来事を思い出してみた。最近のテレビ報道などを見ると

・アメリカ大統領選挙予備選挙
・中国四川大地震
・岩手・宮城内陸地震

などに加えて、相変わらず不祥事、偽装問題、公務員の非常識行動などが目立つ。何か暗い気持ちになる出来事が目立つ。しかし、反面日本人が拍手を贈る出来事もあった。

・北島選手の世界新記録
・日本初の有人実験施設「きぼう」日本実験棟

さらには、今後世界的に注目される行事が予定されている。

・北京オリンピック
・北海道洞爺湖サミット

社会の出来事が世界規模になって来ている今日、オリンピックやサミットを通じて、真の協調、協力をベースとした笑顔が広がることを願う。そして、今年の後半を悔いの残らない過ごし方をしたい。感謝合掌

カテゴリ:
今日も蒸し暑く、薄曇り。最高気温も27℃。空梅雨のようで、雨が少ない。農作物が心配だ。

昨日は、生命保険の件でファイナンシャル・プランナーのOさんから、いろいろと助言をいただく。また、今日は菩提寺のT寺に伺って住職さんから、お話しを伺った。今年は「還暦」になった事もあり、「年金通知」も来たので、夫婦で真剣にセカンドライフを考えている。

生命保険やお葬式の事など、細部まで真剣に考えた事がなかったが、専門家の助言を受けると、“なるほど! なるほどなぁ?”の連発。しかも、生前にやれる事もたくさんある。充実したセカンド・ライフを楽しむ為にも、しっかりとした「人生設計」をしよう。

7月は亡父の誕生月だ。今年も半年が過ぎる。感謝合掌 

キハチ総料理長の実演メニュー

カテゴリ:
8ab3cb7f.jpg

4b1ca493.jpg

ef71f569.jpg

今日は梅雨の晴れ間、気温も27℃まで上がって夏日になった。

今日は、午後からビッグパレットふくしまへ。郡山市出身で『レストラン KIHACHI(キハチ)』鈴木総料理長の食育講演会が開かれる。テーマは、

「身近な食材が輝く瞬間(とき)」

会場は想像以上の参加者で立ち見が出る位盛況だ。鈴木総料理長の簡単な経歴紹介の後、旬の野菜を使ったお料理とデザート4品を、トークの受け答えをしながら、手際良く調理していく。

○鶏の田舎風おばあちゃん風煮込み

○フレッシュ・スィートコーンの冷たいスープ

○茄子とかつおのミルフィーユ

○ヨーグルトダンジュ(デザート)


郡山市出身の鈴木総料理長は、“小学校の家庭科でりんごの皮むきが上手だった”ので、料理人の世界に興味を持ち、中学校の文集に“世界一のコックになる”と書いていたそうだ。郡山商業高校卒業後、上京し「東京YMCA国際ホテル学校」を卒業し、料理の修行を始める。

若くして、葉山の「ラ・マーレ・ド茶屋」に入店し、熊谷喜八氏と出会い、氏の片腕として『キハチ』レストラン部門の総料理長となる。鈴木総料理長は、料理の心得として「旬の味をお迎えする。そして、それをどうお客様にお伝えするか」だと、話されている。

限られた時間で、手際良く、かつユーモアに富んだ受け答えをしながら、細かい作業も丁寧に取り組んでいるのが印象的だ。地場産の野菜も、調理の仕方で、豪華な一品に仕上がるものだ。感謝合掌

朝日新聞で紹介された「地域おこし仕掛け人」

カテゴリ:
fc94b92e.jpg

今日は一日「梅雨寒」の陽気だ。

先週、 朝日新聞福島版の『ひとひと』欄に「地域おこし仕掛け人」 として紹介された。

仕事柄、まちづくりやブランド品開発、ふるさと暮らし移住者開拓などの販促企画・広報企画のご相談をいただく。そして、斬新な切り口で「ビジネスアイデア」を一緒に考えるようにしている。

私がいつも感心するのは、地方のまちづくりの場合一次産業の活性化が大きなテーマになっている。そして、それらを原材料にした加工品の二次産業も含めて。そして、地元の生産者や加工技術者さんにとって「普通の事、当たり前の事」が、実は「大変な価値」を持っている場面に度々出会う。

これらの「地元の価値、当たり前の価値」を「経営資源、地域資源」として輝かせるには、それなりに「価値の加工と仕掛け」が大切だ。一個の果物でも、品質の良さは当然だが、栽培から収穫までを物語性を持たせた情報発信を続けることで、『いとおしさ』や『丹精込めた』付加価値が生れて来る。

地域おこしに大切なのは、地元の資源の再発掘と、多面的な価値の再発見だと思う。そして、それに対して地元が自信を持ってアピールして行く事だと考えている。今回の福井県の視察でも、ハードウェアではない、ヒューマンウェアを活かしたまちづくりを感じた。感謝合掌



『経済最前線』に登場するお二人

カテゴリ:
▼ リバネス6周年パーティで(M社長、T専務らと)
a7375a15.jpg

今朝は梅雨空、気温も低そう。肌寒い。最高気温も20℃の予報だ。

昨日は、昼前から福島出張。NPO法人スローライフふくしまに、福島県から「二地域居住」事業に関する『WEBサイト企画』説明会出席の要請があり、O理事長、Nさんと3人で出席した。

この説明会の前に、Nさんと県庁で待ち合わせて昼食。昼食が終わる頃、携帯が鳴った。リバネスのM社長からだ。(私もT専務に電話しようと考えていたので、驚く。)M社長も福島に来ているので、時間があれば昼食でもとのこと。しかも、県庁近くに居る。

M社長も以前に「快適古民家」見学に来ているので、Nさんと一緒に合流し、県庁の展望レストランで会う。以前から要請のあった「サイエンス・コーディネータ」など、事業展開に関しての協力を話し合う。

『以心伝心』と言う言葉があるが、今日の再会はまさに必然ではと感じた。そして、M社長が26日、【古民協】N会長が30日、偶然に NHK『経済最前線』 で全国放送される。感謝合掌

このページのトップヘ

見出し画像
×