アーカイブ

2010年08月

アメリカ陸軍軍楽隊演奏会

カテゴリ:

今日も快晴の真夏日だ。とにかく暑い。朝晩だけでも涼しくなって欲しい。

友人が実行委員会を務めている演奏会が9月に郡山市民文化センターで開催される。

▼アメリカ陸軍軍楽隊
100829バンド

▼聴衆を魅了する楽しい演奏も
100829ジャズ演奏

------------------------------------------------
アメリカ陸軍軍楽隊  
U.S.ARMY BAND JAZZ & POPS LIVE 2010
9月7日(木)郡山市民文化センターにて開催!!
------------------------------------------------
アメリカ陸軍のビッグバンドが奏でる古き良き時代のJazz・・・
情熱的なLatinsalsa・・・
最新の American popsまで・・・

.事 業 名/U.S.ARMY BAND JAZZ & POPS LIVE 2010

.日   時/平成22年9月7日(木) 1830分開場 19時開演

.会   場/郡山市民文化センター大ホール

.入 場 料/一般 2,800円 当日券 3,000

.主  催/JAZZ BIG BAND SHOW 実行委員会

.後  援/郡山市教育委員会、福島中央テレビ、ラジオ福島、Swing Set!


※問合せ/(有)ゼスト 090-2277-2144 

この機会に多くの皆様がお誘い合わせのうえご来場くださり、アメリカ陸軍軍楽隊の本格的な演奏をお楽しみ下さいます様ご案内申し上げます。感謝合掌

カテゴリ:
今日も真夏日の猛暑、夜に入っても暑い。

偶然、NHK総合テレビで、東北特集「なしてダメんなった?あるコメ農家と霞が関の半世紀」を放送していた。番組の詳細欄を見ると、

今回、徹底取材したのは戦後農政。「ネコの目農政」を揶揄される政策はどのようにして生み出され、現在に至ったのか?元官僚たちが、これまで口を閉ざしてきた政策決定の裏舞台について証言する。なぜ農業基本法の理念は壁にぶつかったのか?なぜ減反政策が続いたのか?番組では、山形市で50年目のコメ作りに励む、ある農家の証言と照らし合わせ、この半世紀を振り返る。(「NHK番組表」サイトより)

番組を見て感じたのは、農政担当の官僚は、政策の実現が非常に困難だったり、時にはほぼ不可能に近いものでも、大風呂敷を広げて夢を持たせて来た?その結果、後継者も育たない、経済的魅力も感じない、活力のない農業・農家を作ってしまった。

番組の終盤にコメ農家さんが言った“ここ数年で60~70代農家の大量離農が始まるよ。そこには、ほとんどの農家で後継者がいないから、農業の大崩壊になるかも知れないね。”
霞が関の机上ではわからない、現場の現実と悲痛な叫びだ。

サラリーマンなら60歳・65歳定年だが、農林水産業や商店・工場等の自営業者は、実際のリタイアが10~15歳位後だ。そうなると、70~75歳頃に大量の離農者、リタイア者が出る。それがこれからだ。

私の周囲には、農家はもちろん、30代の起業家など、自立に向けて挑戦している若い世代が何人もいる。そして、彼等・彼女等の瞳は前向きに輝いている。

我々、中高年世代がやらなければならないのは、若者に魅力を伝える事ではないだろうか。感謝合掌

サザンの桑田さんが元気に退院

カテゴリ:
今日も真夏日の予報。朝から日差しが強い。

▼食道ガンから戻って来た桑田さん
100826桑田佳祐

7月に「食道癌」で入院したサザンオールスターズの桑田佳祐さんが、8月初旬の手術に成功し、今週始めに退院したそうだ。WEBサイトには

○桑田佳祐 退院のご報告;本人からのメッセージ

が、公開されている。

手術への感謝に続いて、音楽活動へは何の影響も残さない術後の治療、そして、文末には『生まれ変わった体で、新生・桑田佳祐として』と書かれている。

そう言えば、地球一周マラソン『アースマラソン』に挑戦している間寛平さんも、途中で「前立腺癌」治療の為、アメリカで入院したが、治療後マラソンを再開し、最後の国中国に入ったそうだ。

○間寛平 アースマラソン

二人の復活は、病と闘っている多くの人達やその家族に勇気と希望を与えるだろう。感謝合掌

人気の「ペンギン食堂」?

カテゴリ:
今日も福島県は真夏日だ。先週タヒチに帰った友人や、タイから帰国した友人等が、異口同音に“日本の方が、異常に暑~~い!(大汗;)”と
 
▼「辺銀(ペンギン)食堂」の『石垣島ラー油』
100825石垣島ラー油

B級グルメ関連の情報収集をしていたら、今人気の『食べるラー油』にたどり着いた。元祖的な『石垣島ラー油』を製造販売している、石垣島の「辺銀食堂」は、何と「ペンギン食堂」と言うそうだ。

▼テーブルの上には、かの有名なラー油が
100825ペンギンラー油

『石垣島のラー油』は、すべて手作業、手づくりの為に、一時は<1年待ち>の時もあったそうだ。

○B級グルメの方程式=地元食×地元食材×普段食×観光集客

この「B級グルメの方程式」を見ると、工場誘致や大型店進出など、外部依存の地域づくりから、B級グルメを核とした「地域資源活用での地域づくり」が、これからのキーワードになって来そうだ。

▼那覇市内にある「こぺんぎん食堂」
100825こぺんぎん

最後に、石垣島まではちょっとと言う場合、沖縄県那覇市安里(Tel&fax
098-887-4645)に姉妹店「こぺんぎん食堂」があるそうだ。

感謝合掌

カテゴリ:
今日も朝から残暑以上の猛暑になっている。「処暑」を迎えても暑ーい!

昨日は、「ヒガ3塾 8月例会」が行われた。「ヒガ3塾」の活動は、

○「ヒガ3塾のブログ」

に最新情報や団体紹介が掲載されている。主な活動は、

主な活動:「都市農村交流」「農」「教育」などがキーワードです。
・「農泊せんせい」プロジェクト
・毎月第四土曜日の「例会」(勉強会)
・農産物販売(マルシェ)のお手伝い
・農家さんツアー(農業体験会)
・理科実験教室(「農かがく楽会」との連携)

「団体紹介」を観ると、

晴れヒガ3塾とは?晴れ
・活動目的:「学生が、都市農村交流を行う」
・主な基本理念:「活動を通じて、自分を磨く」
・組織形態:学生団体
 大学生及び大学院生を主体とし、東山雅広(※本人)を顧問としています。社会人サポーターの方々もいらっしゃいます。
・結成:2009年1月
・スタッフ数:19人(2010年8月18日時点)
・OBOGスタッフ数:10人
・メンバー数:62名(「ヒガ3塾メンバーメーリス」登録者)

農山村の皆さん、こんな活動的な現役大学生、大学院生、OBOG達と「都市農村交流」を体験しませんか?

一度ブログに遊びに来て下さい。感謝合掌

このページのトップヘ

見出し画像
×