アーカイブ

2011年03月

飯舘村の子牛が山梨へ

カテゴリ:
今日は、晴れているが、気温が低い。昨日の夜は何度も余震があった。

▼育ててきたウシに別れを告げる菅野さん(30日、南アルプス市内で)

20110331菅野君と子牛

▼飯舘村から子牛を運んだ菅野君と購入した小野さん

110331菅野君と小野さん

今朝Yahoo!サイトにNPO法人えがおつなげてグループが支援していた福島県飯舘村のメスの子ウシ2頭を、購入先の山梨県南アルプス市のNPO法人に無時運んだ記事が掲載されていた。福島県の菅野君も、山梨県の小野さんも友人で、応援していたので大変うれしいニュースだ。

----------------------------------------

〇読売新聞山梨版より

東日本巨大地震で、南アルプス市西野のNPO法人「南アルプスファームフィールドトリップ」(小野隆理事長)が、福島県飯舘村の肉牛繁殖農家菅野義樹さん(33)からメスの子ウシ2頭を購入した。同村はブランド牛の産地だが、東京電力福島第一原子力発電所の事故で自主避難の対象となった地域もあり、菅野さんは「できるだけ多くの飼育牛を安全な場所に移したい」と話している。

 菅野さんは30日、トラックで約7時間かけて2頭を南アルプス市内まで運んできた。遊休農地に放す際には名残惜しそうに「元気に育てよ」と声をかけた。

 菅野さんの牧場は30~40頭のウシを飼育。東京電力福島第一原子力発電所から約35キロ離れているが、同村では水道水から一時、国の基準の3倍を超える放射性物質が検出されており、県に土壌や沢の水が安全かどうかを尋ねても「調べているので待ってほしい」と言われるばかりで不安を解消できないという。

 菅野さんと小野理事長は北杜市のNPO法人「えがおつなげて」の農業経営の支援事業で知り合った。小野理事長は2頭を繁殖用として育てる予定で、「ブランド牛を少しでも守りたい」と話している。

2011年3月31日  読売新聞)

----------------------------------------

これからも“頑張るぞ!ふくしま!!”の話題をお知らせします。感謝合掌

カテゴリ:
今日も晴れ、穏やかな陽気だ。しかし、歩いている人は少ない。

〇原発30キロ圏内 5万8000人失業の可能性

・岩手県、宮城県、福島県と広範囲な津波被害

・東北から関東にかけての地震被害で大型工場の多くが製造停止

・ガソリン不足で輸送期間の停止

・原発事故後の放射能汚染で、農産物の出荷停止、避難命令

今回の東日本大震災が発生してから、毎日のニュースを観ていて、直感的に感じたのは、福島県内の農商工業界が、戦後最大の損害を被ると思った。そして、放射能汚染やガソリン不足を心配する友人に、“実際は、福島県は経済崩壊の影響が、じわりじわり効いて来るよ。”と話し合いました。

そこに、今日の福島民報のトップ記事に出ています。(以下、民報記事)

 福島労働局は29日、東日本大震災により、東京電力福島第一原子力発電所から半径30キロの避難指示・屋内退避圏内にある約4800事業所の労働者約5万8000人が失業する可能性がある、との予測を示した。30キロ圏内の事業所数とパート、アルバイトを含む労働者数をまとめた。
 同労働局によると、避難指示区域の20キロ圏内には約2700事業所があり、労働者数は約3万3000人に上る。全事業所が事実上の休業状態のもようだ。屋内退避の20~30キロ圏内は約2100事業所に約2万5000人が働いているが営業を継続している事業所はわずかとなっている。
(2011/03/30 09:00)

これは、原発30キロ圏内の予測だ。実際は、県内全域ではこの数倍になるかも知れない。ここが踏ん張りどころ。感謝合掌

送水管損壊 で2,000戸が稲作が出来ない!!

カテゴリ:
今日は気温も12℃まで上がった。晴天。

昨日の福島民報にショッキングな記事が出ていた。

▼羽鳥湖からの送水管損壊を報じる記事

110329民報羽鳥湖

▼田植えに備えて土手の野焼きを

110329土手焼き

福島県民紙的な福島民報にショッキングな記事が出ている。(03.28号)

福島県天栄村の羽鳥湖の水を水田に流すパイプラインが震災で11カ所損壊し白河、須賀川、矢吹、鏡石、泉崎、中島、天栄の7市町村計約3200ヘクタールの作付けが困難な状況になっている。被害を受けている農家は2000戸を超える。(後略)

福島県は、11日に発生した<巨大地震×巨大津波>に続いて、東京電力福島原発で発生した<原発爆発>が、今でも事故処理が続いている。そして、大きくは報道されないが、県内各地で<局所被害>が相次いでいる。

今回の羽鳥湖の送水管の損壊もそうだが、「農業用ため池」の決壊や漏水が相次いでいる。また、郡山市役所や須賀川市役所など、市役所・役場など自治体建物の使用禁止など、局所的被害も各地で発生している。

放射能汚染の風評被害だけでも、福島県産品は予想以上の損失を受けているが、さらに、農業インフラの損失が加わると、農業への意欲が大きく減退する。どうする?福島農業。

ここは、しっかり短期・中期に目線で考えなければ。感謝合掌



カテゴリ:
今日は晴れたが、空気は冷たい。避難所の被災者が心配だ。

東日本大震災から半月以上が過ぎた。大混乱の中にも、徐々に普段の生活が戻りつつあるが、各地に残る大震災や原発事故の爪痕。

そして、それ以上に被災者や被災地を不安にしているのが、政府や東京電力の不確かな説明と、情報開示の無さだ。

そんな中、世界中から被災地へ義援金が集まっている。ぜひ、好意の寄付金を迅速に被災者の手に届けて欲しい。配分論議に時間をかけて、被災者の反感を招かない様にして欲しい。

〇東日本大震災の被災地へ義援金(寄付金)を送った有名人(芸能人) (NAVERまとめ)

 ・ユニクロ柳井社長;10億円
 
 ・楽天三木谷会長;10億円(予定)

 ・AKB48プロジェクト;5億円

 ・SMAP;4億円~

 ・久米宏さん;2億円

 ・イチロー;1億円

 ・100万ドル;大リーグ松坂投手、宇多田ヒカル、米国女優サンドラ・ブ ロックさん、巨人ラミレス選手、ブータン国王、香港の富豪李嘉誠氏など

報道によると、今回の被害総額は15~25兆円とも言われている。その規模から言えば、世界中からの義援金は「1兆円」位集めたい。

感謝合掌

元気で前向きな避難者グループ

カテゴリ:
今日は、朝から雪が積もる寒さ。

家内と一緒に、東日本大震災で南相馬市から猪苗代町に避難した、NPO法人のMO理事長さん達を支援の為に、お米や野菜・お味噌などを差し入れに行く。49号国道を猪苗代湖方面に向かう頃には、横殴りの雪が飛んでいる。春彼岸も過ぎた3月下旬なのに。

▼朝から吹雪く避難先の天気

110326雪景色

MOさん達の避難所は、私の友人MUさんが経営するスキー場のホテル。丁度ウィンターシーズンも終わった時だったので、快く避難所に提供して下さり、避難者さん達が自主的に運営している。

MOさんはじめNPOのみなさんは、被災者でありながら、地域外のNPOや各種団体に支援を仰ぎ、支援物資をこのスキー場に贈ってもらい、サイズや使用目的別に仕分けしてから、南相馬市の市民の避難先に届けています。

今日も雪の峠道を超えて南相馬市に向かって行きました。このマイクロバスもスキー場からお借りしました。

▼支援物資を仕分けするみなさん

110326仕分け

▼猪苗代町から南相馬市に向かうみなさん

110326避難所へ

猪苗代の避難所に移って以来、支援活動を本格化しているみなさんから、避難所や行政の対応を聞くと、信じられない様な話しが続きます。

寝食を忘れて避難者をお世話している多くの行政側の一部に、今回の未曾有の大震災にも関わらず、お役所仕事を絵に描いた様な対応をする役人もいるそうだ。

また、疲労困憊の行政マンの脇で、ストーブにあたり、テレビに見入り、のんびりしている避難者達。

支援物資を運んでも“全員に行き渡る数が揃うまで、そこに置いてて”と、
杓子定規な対応が何ヵ所かで。

未だに謝罪のことばも無い東京電力の社長と同じで、収入や生活が保障されている人達の対応には、被災者の神経を逆なでする場面が多々ある。

“想定外の大災害”と言うなら、対応も従来規程にとらわれず、現場状況に応じて柔軟に、迅速に対応して欲しい。人命がかかっているのだから。
感謝合掌

このページのトップヘ

見出し画像
×