アーカイブ

2014年01月

今年になって第1号のメルマガ「販売企画通信 No.178」を配信しました。
http://www.popland.jp/mailmagazine/mmsaishin.html

No.178の目次
・あいさつ…新年のご挨拶、メルマガ【販売企画通信】について、福島県泉崎村の嬉しいニュース
・「SPRINGシンポジウム in 東北のご案内…PR

この中で、2005年のNo.1のメルマガの目次は、次の通りです。
・北海道庁がIT事例集で(弊社を)紹介
・新卒者の覚悟に拍手
・「人のために」地パン求道者 大橋雄二さん
・お客様からのお知らせ…東京銀座で<ふるさとセミナー>を連続開催(郡山ヤクルト)

大丈夫か?首都直下地震

140105有楽町火事

1月3日(金)朝は、品川方面から地下鉄で銀座に向かっていた。最初に、三越に行くので地下鉄の「新橋駅」でも「東銀座駅」でも、あまり距離は変わらないので「新橋駅」で降りることにした。

途中の車内放送で“有楽町駅近くの火事で、山手線・京浜東北線・新幹線がストップ!”とのアナウンス。“地下鉄で良かったね。”と話しながら、銀座中央通りのお正月風景を楽しみながら、4丁目ぬ向かって歩く。銀座で買い物や食事を楽しみ、予定より早めに帰郷した。その時、東京駅が思った以上に混んでいた。

夕方、帰宅してニュースをみて驚いた!何と、有楽町の火事の影響で、山手線・京浜東北線・東海道線はもちろん、東海道新幹線までが運休となったり、約60万人に影響がでたそうだ。また、有楽町駅近くの大型商業施設でも臨時休業した店もあるそうだ。

この火事報道を見て、去年12月に国が発表した「首都直下地震 国想定」記事を思い出した。今回の火事だけで前期の様な影響が出ている。それが、国の予想ではM7.3で2.3万人~M8.2で7万人の想定だ。今回の火事が、有楽町駅の直近だとは言え、東海道新幹線なら「新横浜駅」などで「折り返し運転」ができなかったのか?その様な想定がされていないのか?

「新横浜駅」までの運転ができたら、「新横浜駅」からの交通手段はある程度選択できたのではと、思うのだが?
東日本大震災時に東京出張中で「帰宅難民」を経験した者としては、幸い火事が午前中だったのだから、移動はし易かったのではと思う。

今や有名駅は魅力的な「商業施設」に変貌している。今回の有楽町の火事を反省材料に、万が一の場合の対策をシュミレーションし、災害時には「最小限の被害」で対応できる様、希望します。

このページのトップヘ

見出し画像
×