アーカイブ

2016年09月

『JSPふくしま』セミナー:現地指導講座 第1回

カテゴリ:
- 生産者と共に、消費者のために 伝統日本の食と職を広く世界に発信する - をテーマとした『JSPふくしま』セミナー[第5回・第6回講座]が、9月21日(水)に本宮市の(有)糀和田屋様で開催されました。
台風による大雨も心配されましたが、定刻にセミナーはスタートしました。
160921糀和田屋
▽ 「創業明和年間 今に継がれる 手造りの味」をモットーに、240年以上受け継がれてきた伝統の逸品。安心で安全 それが「糀和田屋」の麹商品です。(WEBサイトより)
160921和田屋看板
▽ 旧奥州街道沿いの商店街にある小売店舗を見学させていただきました。三瓶社長からは、糀和田屋さんの商品説明を伺いました。
160921和田屋店舗
商品説明を受けた後は、糀製品の工場視察です。糀和田屋の強みは『手作りの味にこだわった商品づくり』とおっしゃるように、和田屋さんの製品は、国内産丸大豆、福島産上質米を豊富に使用して昔ながらの木の樽で、一年間自然に発酵させたもので、保存料などの添加は一切ない「手作りの天然醸造味噌」です。(WEBサイトより)
160921和田屋糀
▽ 三瓶社長が、和田屋さんの1階~3階までの製造工場を詳しく案内していただき、工場視察後、会議室では現在の課題などの質疑応答も交わされました。
160921和田屋工場2
▽ 工場視察の後は、同じ本宮市にある「東北自動車道 安達太良サービスエリア:下り線」の売り場視察です。安達太良SAには、和田屋さんの人気商品『フルーツ甘酒』が並び、猛暑の夏場は飛ぶように売れたそうです。
160921フルーツ甘酒
▽ 受講生たちも人気のSAの売り場チェックです。
160921安達太良SA
▽ 安達太良SAの視察を終えて、和田屋さんの近くにあって、蔵を改装したカフェ『蔵』さんで「ランチ&講義」です。昼食の間も熱心な意見交換が続いていました。
160921和田屋資料
▽ 渡部講師からは、『商品開発の前にしなければならないこと』として講義がありました。
・会社を動かす理念、キーワード(コンセプト)が必要
・消費者が思わず気になる商品コンセプト
・迷わないために
そして、『JSPセミナー』の目標である新商品開発や現在ある商品のリデザインに関しても、具体的な指導がされました。現地指導相談者の和田屋さんはもちろん、受講者にとっても現場でのご指導だけに、リアリティがあり、大切な学びの時間になりました。次回は、いわき市のオリーブ農家さんを視察します。
160921渡部三瓶
▽ 渡部講師・廣田講師を囲んで、熱心な講義が行われました。
講師の先生方、ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
160921和田屋講義

アイガモオーナー倶楽部:秋の農業体験会

カテゴリ:
シルバーウィーク3連休の中日、9月18日(日)は『アイガモオーナー倶楽部 秋の農業体験会』のお手伝いで、会津若松市の夢ごこち会さんへ。あいにくの雨模様の中、集合場所へ。
農家さんの場所は、広々とした田畑に農道が走り、目印になる建物が少ないので、参加者さん等は場所探しに苦労されることも度々です。そこで、今回は事務局手作りの会場案内看板が立っていました。分かり易い!
160918体験会看板
あいにくの雨降りでしたが、田んぼでの除草などの仕事が終わったアイガモは、成鳥になると稲穂も食べてしまうそうなので、『別荘(鴨場)』で元気に育てられています。集団行動が基本のアイガモ達は、雨の中でも大きな声で鳴いています。
160918鴨場
秋の雨で風邪をひいては大変なので、事務局に戻って『アイガモについて』の学習です。
主催者からの質問です『写真のヒナは、生後何日でしょう?』 正解は、『生後2日です。』 生後2日のヒナは、ふわふわの羽毛に覆われ、可愛いです。2週間もすると田んぼに放たれます。そして、アイガモの役目である害虫・雑草駆除を行います。
7月中旬になると、アイガモの田んぼでのお仕事は終わります。垂れてきた稲穂を食べてしまうからです。このように、一般人では分からない、アイガモの生態をしっかり教わりました。
160918体験会②学習
夢ごこち会さんの解説を熱心に聴く参加者さん。正面の3人の若者は「明治大学 楽農4hクラブ」の学生さんです。会津大学の学生さん、福島市からの母子参加、地元会津からの参加者さんも。
160918体験会学習②
アイガモ見学~アイガモ学習の後は、前回に引き続き農家民宿『穂多瑠(ほたる)』さんの「会津郷土料理」のランチをいただきました。前回は、屋外の小屋中でのランチでしたが、雨なので事務所前の土間にテーブル・イスを置いて、和気あいあいといただきました。
暑かった前回の『夏の農業体験会』時には、この土間を吹き抜ける涼風も、体験会の大ご馳走でした。農家さんには、街場暮らしでは味わえない涼風や木陰、畳の大広間・続き間等のご馳走があります。
160918体験会②昼食
美味しいランチをいただいた後は、今回の体験会のメインイベント「鎌を使って手刈りでの稲刈り作業」です。この道〇十年のお母さんによる、説明~実技指導を受けて、午後の部のスタートです。
160918体験会稲刈り
「稲刈り」がスタートする頃には、なぜか朝から降っていた雨も上がり、曇り空の下での『稲刈り体験』です。
大学生さんも、母子さんも、農業好きの女性らも、片手で稲穂を握り、鎌で手刈りし、数本ずつまとめて束ね、稲穂を下にして円錐状に立てていきます。
160918体験会②稲刈り
稲刈り初体験の子供達も、教えてもらいながら、稲刈りを楽しみ、汗を流していました。中には、イナゴを捕まえる男児も。稲刈りが終わる頃には、また、小雨がぱらついて来ました。(稲刈り中は、雨に降られなかったのが幸いでした。)
160918体験会②子供
手刈り作業の稲刈りが終わり、精米所へ移動して、お米の保管や精米について解説を受けました。200年以上続くすとう農産さんには、大型で精密な精米施設が並び、こだわりを持って栽培~収穫された会津米が、品質管理の下で精米されて、お客様の元に届けられています。
160918精米機
あいにくの雨にも関わらず、参加者全員が体験会を笑顔で終えることが出来ました。最後は、アイガモ・ポーズ(アイガモの口をイメージしてのポーズです。)で、はい!ポーズ!!
160918体験会全員
最後に、主催者さんから「お米・玄米コーヒー・かぼちゃ・西洋わさび」のお土産をいただきました。
『冬の農業体験会』は、12月に計画されています。詳しくは決まり次第にご案内いたします。
FB>「夢ごこち会 アイガモオーナー倶楽部 秋の農業体験会」はこちら。
160918体験会土産



このページのトップヘ

見出し画像
×