アーカイブ

2017年08月

「ふくしま農と食のデザインキャンプ:第3回デザインワークショップ」

カテゴリ:
3月に開講しました「ふくしま農と食のデザインキャンプ」も終盤に入りました。8月29日(火)二本松市内で【第3回デザインワークショップ】が開講。今回で、視察研修~ワークショップと続いた講座も一区切りです。
170829WS③全景
前半は、(株)GNS廣田講師から『バリュー(生産性)のある仕事とは?』についての講義がありました。「バリューのある仕事=生産性がある仕事」についての講義です。「生産性のある仕事」って、なんでしょうか?
それは、「どれだけのインプット(投下した労力・時間)で、どれだけアウトプット(成果)が生み出せたか。」このバリューが高い仕事をやっているか?バリューの低い仕事をやっているか?」は、事業を進める上で常に意識してください。とのお話しです。
170829WS③哲也拓也
170829WS③バリューが高い
続いて、ヘルベチカデザイン(株) 代表:佐藤哲也氏による「デザイン」についての講義がありました。まず、日常的に見聞きする『ロゴタイプ、シンボルマーク、ロゴマーク 何が違うのか?』を有名企業のデザインを参考に解説されました。
・ロゴタイプ=デザインされた文字
・シンボルマーク=文字の一部や業種を展開しながらデザインした意匠・象徴・マーク
・ロゴマーク=企業やブランドのイメージを印象づけるように、ロゴタイプやマークを組み合せて図案化したもの
170829WS③ロゴ
また、両講師には受講生からの質問にもフレンドリーに答えていただきました。
一例が、『壁にぶち当たった時がチャンスです!!。その時は、情報を沢山持つ為にいろんなモノを視たり、いろんな場所に行ったりします。』との事でした。
そして、現在取り組んでいる新商品開発「東和の手摘み桑茶」や、大阪名物「太郎のソースせんべい」のデザイン紹介がありました。
170829WS③桑茶
170829WS③ソースせんべい
午後からは、受講生の方から現在取り組み中のデザイン報告がありました。
①いわきオリーブ:木田氏/いわき市のオリーブ農家
②佐藤物産:佐藤氏/二本松市岳温泉の温泉玉子生産販売者
まず、「いわきオリーブ」のC.I.設計を担当されているデザイナーの関口氏から、C.I.設計からパッケージデザイン案についての説明がありました。また、生産者の木田さんからは、デザインが出来た事で社内外の共感が深まったとの報告もいただきました。
170829WS③関口
170829WS③パッケージ
170829WS③木田
次に、二本松市岳温泉で人気の「おんせんたまご」を製造販売している佐藤物産の佐藤善彦氏から、新商品『とろんたま』開発の経緯やパッケージデザイン、販路開拓についてご報告いただきました。
あっという間の「ふくしま農と食のデザインキャンプ-第3回デザインワークショップ」でした。
今後の交流を約束して、笑顔で写真を!
170829WS③善彦
170829WS③とろんたま
170829WS③集合写真

やまがた6次産業学習塾

カテゴリ:
8月1日(火)~2日(水)は、山形市へ。
山形市役所主催の【やまがた6次産業学習塾】で、講演とワークショップの講師をさせていただきました。
今回は、『成功事例から学ぶ 6次産業化商品開発と販路開拓』がテーマです。
170801レジメ
受講生は、女性が3分の2、男性が3分の1の参加でした。個人の農家の方、農業関係法人の職員さん・社員さん、個人直売所の関係者さん、これから本格的に農業に取り組まれる方と、幅広い方々が参加されました。
170801セミナー全景
自己紹介の後、今回は「6次産業化」の概要を基本にお話しさせていただきました。
また、プロダクトアウト型とマーケットイン型の商品開発の事例を紹介させていただきました。
ポイントとしては、「数字の把握/価格決定権/よく考える」をしっかり意識される様にお伝えしました。
事例紹介として、福島県三春町にオープンした【生産者に会える店 FUKUSHIMART】や、一般的に販売されている6次化商品を紹介させていただきました。
170801FUKUSHIMART
170801講義
セミナー終了後、セミナーの担当者さんにご案内いただき、山形市内にある『農家の店直売所 山口農園』さんを視察させていただきました。
170801山口農園
店内には、山口農園のまごころ米コシヒカリ、梅干し、味噌。地元生産者の旬の朝採り野菜、果物。
店内のPOPでは、リピーター続出の農家こだわりの【野菜入りたこ焼き】、夏の時期にピッタリの「自家製梅ジュース(90円)」や、テレビでも紹介された「冷やし焼きいも」など、目が釘付けになりました。
何より、山口さんやスタッフさんのフレンドリーな接客が、多くの常連さんを来店させていると感じました。
170801野菜たこ焼き
【やまがた6次産業学習塾】の2日目は、3人ずつグループに分かれてのワークショップです。お題は、
・山形産のくだものを使って
・独自の加工技術で
・首都圏の個人客・法人客・業務用のいずれか向けの6次化商品を企画する
170802ワークショップ
最初の発表は、やまがたチェリー商店さんの「~甘くって 赤い恋人 ドライさくらんぼ」です。
170802発表さくらんぼ
2番目の発表は、やまがたのお米屋さんチームの「食べくらべ山形の米セット」です。
170802発表お米
3番目の発表は、日下部レッドグループの「おらいのトマト」です。
170802発表おらいのトマト
初めて会う方も多く、スロースタートのワークショップでしたが、後半は話しが加速し、各チームとも時間内にまとまり、発表も好評でした。セミナー後には、個別のご相談もいただき、充実した2日間でした。
山形の皆さん、ありがとうございました。感謝合掌

このページのトップヘ

見出し画像
×