カテゴリ:
3月1日(日)は小雨。郡山駅に着くと、大勢のSPや駅長の姿が‥?しばらくすると、被災地訪問で来県していた英国のウイリアム王子が、新幹線移動の為、郡山駅に来られました。
私も小雨の中、宇都宮市視察研修に出発です。JR宇都宮駅構内の観光案内所で「宇都宮美術館」と、循環バス「きぶな号」の説明を受け、係員さんが美術館の割引券を下さいました。(初めての体験です。)
路線バスの宇都宮美術館行きで、住宅団地や帝京大学を経由して美術館へ。美術館では、『 光 風 人々 私 薄久保友司展』が開催中でした。薄久保作の絵画や、絵本・教科書・装丁が展示されています。肌寒い小雨の日でしたが、美術館全体が落ち着いた雰囲気で、庭の木々が春近かしを感じさせました。
150301宇都宮美術館ポスター150301美術館チューブ
美術館視察後は、宇都宮駅に戻り、市内循環バス『きぼな号』で栃木県庁へ。日曜日にも関わらず、展望レストランの「ダイニング十五家」は営業中で、私はかご盛りの『おおるり』をいただきました。15Fのトイレには、写真の様な「県庁de直売所/地産地消/食育」等のポスターが、壁面に掲示されていました。
150301きぶな号150301おおるり
150301県庁直売所150301県庁地産地消
昼食後は、栃木県庁から中央通りを歩いて、オリオンスクエアの宇都宮アンテナショップの「宮カフェ」視察へ。オリオンスクエアでは、子供たちの合唱が行われていました。その向かいに「宮カフェ」はあります。店内は、手作り感があり、【情報発信、コミュニティスペース、赤ちゃんの駅、街の道の駅、イートインコーナー】などがあり、物販、カフェ、レストランが選べます。
150301宮カフェ150301宮カフェ資料
<宇都宮=餃子の街>のイメージですが、今回の宇都宮美術館始め、栃木県立美術館、栃木県立博物館、大谷資料館など、ゆっくり鑑賞したい施設があります。既存施設を活用しての、地域活性も楽しみです。