カテゴリ:
研修4日目もさわやかな晴天。今日は、現存する5城の国宝の内、いままで訪れた【松本城・姫路城・松江城】についで、4番目のお城【彦根城】を見学する。街のあちこちの【井伊直弼公生誕200年祭】のポスターやのぼりが目につく。近世のお城で天守閣が残っているのは12城で、彦根城含めて5城が国宝。7城が重要文化財に指定されている。連休中とはいえ、朝一だったので、ホテルから彦根城まで歩く。
ゆるキャラブームのアイドル的に人気がブレイクした【ひこにゃん】には、遭遇できなかったが、彦根城域では毎日登場しているそうだ。
151004彦根城
151004朝食膳
151004井伊直弼
151004ひこにゃん
彦根城を後に、「まちなみ景観再生事業」で生まれた【夢京橋キャッスルロード】へ。食事処・お菓子店・雑貨・お土産店はもちろん、銀行・新聞店・企画会社・ブライダル等のお店が並んでいる。城下町の伝統を継承した格子窓、袖壁、白壁、軒庇が続く町並み……古くて新しいOLDNEW TOWNが【夢京橋キャッスルロード】です。(WEBサイトより)
151004キャッスルロード
彦根市から近江商人のふるさと近江八幡市へ移動する。駅から【日牟禮八幡宮】へ向かう。ここの参道には、150年近い歴史を誇る菓子舗【たねやグループ】がある。今回の視察研修の中でも、ぜひ視察したかったお店です。1872年に近江八幡で創業し、東京店~滋賀店~大阪店~福岡店まで、百貨店を中心に全国展開している。今回は【近江八幡日牟禮ヴィレッジ】を訪問。重厚な店構えに、茶店をイメージした和菓子コーナーと飲食のできる茶屋が併設されている。黒光りする柱や梁に、歴史を感じる。また、土間にあるかまどではお茶が沸かしている。昼食は、人気のサツマイモの入ったおこわ(米どころ近江の餅米使用) 、汁物、香物、近江のおばんざい三品がセットになった【たねや膳】をいただく。写真のお澄ましの前にあるのは、何と「トマトの冷製スープ」です。しかも、食前・食後に一口和菓子が出てきた。
かなり、込んでいるにも関わらず、若い従業員さん達の対応が丁寧だ。商品説明はもちろん、シャッター押しや質問にもきびきびと応えている。マニュアルでは出来ない応対だ。
151004たねや
151004たねや店内
151004たねや膳
たねやで食事後に、向かい側になる洋菓子舗【クラブハリエ・カフェ】に入ろうとしたが、長蛇の列で断念。八幡宮前のまち歩きへ出かける。八幡堀の水郷や商家が立ち並ぶまちを歩く。天候にも恵まれて、大勢の観光客がまち歩きを楽しんでいる。『メンターム』の商品名で知られている【近江兄弟社】や、八幡堀そばの【石畳の小路】などを散策する。4日目の視察研修を終えて、最終日の名古屋市へ向かいます。
151004近江八幡町並み